重要なことを書いておこう

タイトルを書こう

メモを取る前に、今日の日付を書いてください。
また内容を一目で把握できるように、タイトルを付けることもおすすめします。
するといつ、どのような内容について書かれているメモなのかすぐわかり、振り返った時に仕事に活かしやすいです。
ただ書くだけでは、メモの意味がありません。

メモは仕事をする際のヒントや参考にして、効率良く仕事を進めるために行う行為です。
ですから、適当にメモをしないでください。
また聞いた話を全てメモに残そうと思っても手が追いつきませんし、書くことに夢中になって大事なことを聞き逃す可能性があるので控えましょう。
本当に必要だと思ったことだけを抜粋すると、メモ欄がスッキリするので見やすくなります。

その時に感じたことを書く

メモに、空欄を作るのが良い方法です。
右端に線を引いて、そこを自分の考えを書くコーナーにすると良いですね。
話を聞きながら、自分でも思うことがあるかもしれません。
何でも良いので感じたことや、思い付いたアイデアを書き残してください。
その時はそれほど重要でないと思っても、後からその時に生まれたアイデアを基盤にして、新しいプロジェクトが動くことがあります。

過去の自分の意見も、仕事をする時のヒントになります。
メモ中は早く書かなければいけないと焦っているかもしれませんが、急ぐと字が汚くなる人が多いです。
しかしあまりにも汚くなると、字が読めないので困ります。
最低でも後から振り返った時に、読める字で書くことは守ってください。


この記事をシェアする