いつでもメモできるように

服のポケットに入るサイズ

どのくらいのサイズのメモ帳が良いか悩んだら、服のポケットに入るのかという部分を考慮してください。
働いていると、急にメモが必要になる瞬間が訪れます。
カバンの中にメモを入れていると、持っていない時があるかもしれませんし、取り出すまでに時間が掛かるので効率が悪いです。
常にメモ帳は、ポケットに入れることを習慣にしましょう。

また日付やタイトルが変わったら、余白が残っていても新しいページに変えてください。
同じページに異なる内容のことをたくさん書いても、意味がわからなくなってしまいます。
少しもったいない気がしますが、読みやすいことを優先してメモを残しましょう。
メモする時に余裕があれば、図やイラストで説明しても良いですね。

スマートフォンのアプリ

誰でも今は、スマートフォンを持っていると思います。
様々なアプリが使用でき、その中にはメモを取るアプリもあります。
タイトルを記入する欄がありますし、文字を書くと自動的に日付が付くので非常に便利です。
アプリでメモを取ることを習慣にしても良いですが、相手によっては話している時にスマートフォンを使われると、不愉快に感じる場合があります。

こちらの態度が悪いと評価されたり、トラブルに発展したりする可能性もあるので気を付けてください。
先にスマートフォンでメモを取って良いか訪ねて、了承を得てから使用すると安全ですね。
また相手に話を真剣に聞いていると態度でアピールできるように、話している人の目を見ることを心がけましょう。


この記事をシェアする